FC2ブログ
不幸な命をなくすために飼い主のいない猫のTNR活動をしています。TNRとは、捕獲して不妊手術をし元の場所に戻す。 こうすることで一代限りに、不幸な命を増やさないで済みます。殺処分ゼロの近道です。オフィシャルサイトはwww.hidamarinyanko.com/
2016年05月27日 (金) | 編集 |
皆さんこんばんは。
なかなかパソコンに向き合えす報告も遅くなりすみません。

実はくるみちゃんが虹の橋を渡った次の日。5月17日

生後10日ぐらいの子を保護しました。

ニャーニャー鳴いている子が。
いつも活動をお手伝いいただいている
ククウーの店長さんもかけつけて下さり…

「いました。いました」こんな可愛い3ニャンズ。。

乳飲み子ちゃん、お世話が大変だ~と思っていたら

「保育ママになります」っと挙手が上がりました。

その方は去年な6月、窓からポイポイと何か捨てていった人がいるので
なにかと思えば、生後5日目の子猫で、保護したもののどうしたらいいかと
相談を受けた方で その記事は 
こちら

アドバイスさせていただきながら
里親探しのサポートをさせていただいた方です。
3びき里親に出したあと、
寂しくなって、当会から2匹里親になって下さりました。

ラインで成長を送ってくださってるので癒されてくださいね


一番下が保護した日、上に行くにつれて最近です。



では、萌えすぎる動画をどうぞ~
残念ながらペコちゃんは写ってないです。残念。



たまらないぐらい可愛いですね~

でもこの時期もあっという間です。


このこたち3匹は今月末お見合いです。









そして、昨日あらたに依頼があり、電話口でびっくり仰天。

すごく知り合いの方でした。
こんな形で「先生に電話するとは~」。
2年ぶりかな?

早速病院で健康診断。

保護したら病院にいって健康診断を受けるのは当然のことです。

生後約1ヶ月ぐらい。



黒っぽいこたち、毛がふわふわでむっちゃ可愛い~

お母さん猫も無事保護できて一緒に見てくださっています。

お母さん猫は、授乳が終わったら手術をして自分たちだ飼うとのこと。




ワクチン1回接種してから譲渡会デビューです。


動物愛護 「命の大切さについて」 啓発展のお知らせ


日時 5月29 日(日)9時~16時
  
場所 名張産業振興センターアスピア(駐車場)

主催 ひだまりにゃんこ

※当日犬の散歩に必要な うんちを拾うマナー袋をお渡しします。
先着30名



不幸な犬猫をなくす「命」について考えよう。

全国で毎年どれだけの命が殺処分されているかご存知ですか?

全国ではたくさんの命を救おうと活動されていらっしゃる方がおられます。
保健所から命をつないだ子、
野良猫を保護し、そこから新しい家族にご縁があった子、それぞれです。

ペットを飼いたいと思ったら、
愛護団体から家族に迎え入れるのもひとつの方法です。

「飼う」ということ、「命とともに生きる」ということ



子どもさんにも命の重さについて知っていただければと思います。


また、野良猫に餌を上げていて増えて困ってる方いらっしゃいませんか?
可愛いからといってお腹を空かせてるからといって
餌をあげている方は沢山おられます。

猫が嫌いな人は、ゴミをあさったり、糞尿の問題でトラブルになるんですよね。
しかし、野良猫にも生きる権利はあります。
過酷な状況の中で、懸命に生きようとしている猫に手を差し伸べることは、決して悪いことではありません。

餌を与えるだけでは問題は解決しません。

餌を与えるのが悪いと言っているのではありません。
では、餌を与えなければ解決するのか?というという問題でもありません。

・・・捨てる人が居れば繰り返すだけですよね。

 
猫好きの起こした行動で命が救われても、
猫嫌いが増えて虐待につながったら意味がないです。


人間と共存していくためには、残念ながら野放しの状態では、
いつまでたっても、野良猫は迷惑がられ、邪魔にされ、
あげくの果てには虐待されたりと悲惨な運命をたどることになってしまいます。

そういった迫害から猫を守るためには、ただ餌を与えるだけはなく、周辺の清掃などにも気を配り、周りの人達に認めてもらえるよう努力することがとても大切です
それには先ず不幸な猫をこれ以上増やさないよう、

必ず不妊・去勢手術をしてください

餌をあげるだけでは、かわいそうな命が増える一方だということです。

野良猫に餌を与える場合の最低限の注意事項として

(1)避妊去勢手術の実施、
(2)ふん尿の掃除、
(3)置き餌をしない、
(4)周辺住民の理解を得るの4点を守ること、

そして、
(5)新しい飼い主を探してください。
また、飼い猫として室内飼いをするよう啓発を実施しております。

触れない猫でも手術に連れていけます。

そういった悩み相談もこの日に承ります。(犬の相談は承りません)

お困りのかたは、相談にぜひいらしてください
各種パンフレットもご用意しています。




応援よろしくおねがしいします
 
こちらの応援も宜しくお願いします 
画像かURLをクリックしてね            




明日はホワ君の正式譲渡を交わしてきます
スポンサーサイト